居抜き物件で初期費用を抑える

飲食店などの開業を考えている人にとって、開業費用をどうやって抑えるかは頭の痛い問題だと思います。
たとえば中古の物件を手に入れたとしても、その後の内装工事には多額の費用がかかりますし、また、調理用具や備品などの準備にもお金がかかります。
「とにかく開業費用を安く抑えたい」、そんな人に今人気なのが居抜き物件と呼ばれる物件です。
居抜き物件とはテナントの売主から内装の造作、調理用具や備品等を新しい借主が引き継げるという物件を意味し、売主にも買主にもメリットがあります。
まず、売主は賃貸物件の原状回復をせずそのまま買主に引き渡すことができるため回復費用がかかりませんし、売り渡す直前まで営業を続けることができます。
また、買主にとっては初期費用を大幅に削減することができますし、開業までの期間を大幅に短縮することができます。
店内のレイアウトを変更できないことや、設備の老朽化などといった問題がないわけではありませんが、やはり、初期費用を抑えることができるのは大きなメリットだと思います。